Worries of a 30 year old single woman -Hysteria-

30歳独身女性の悩み ーヒステリックー

2016

Video performance

 

I have something to say. Please listen.

 

I am a 30-year-old woman. I have boyfriend who is six years younger than me. We have been in a relationship for more than two years. We haven’t yet begun to think about marriage. Since turning 30, I’ve begun to feel more and more pressure to move our relationship forward. Most of my friends are married with kids. It seems like everyday someone posts a photo of their baby on social media. Family and friends pressure me unconsciously.  I feel like I should have a baby.

 

A friend of mine once asked me why I haven’t gotten married yet. I answered, “I’ve been in a relationship with my boyfriend for a while, but he is not ready to marry yet”. She looked at me with pity because I don’t yet have marriage plans despite being 30.

 

I’m getting sick of being a woman. I used to enjoy being a woman. When I was young and beautiful everybody was kind to me and boys gave me lots of things. Since turning 30, I’ve begun to feel that conceiving a child is true happiness for a woman. Every mom seems happier than me. I’m not married. I don’t have kids. I feel as if I haven’t really achieved anything as a woman.

 

I have a uterus. Because I’m not pregnant my period comes every month. It comes as it did before, but for some reason these days it makes me sad. Inserting tampons as I’ve always done in the past has become one of the most uncomfortable things for me to do.

 

My body and my mind are ready to have a baby, but I cannot. My relationship and financial situation are not yet ready. Every night I take my birth control pill I have to swear “I don’t need a baby.”  Some of the most painful words for me to say.

 

Bleeding every month consumes my energy and saps my strength in the same fashion that running does. There is a Japanese proverb “Flowers bloom only a short time.” I need to keep running since once my womb stops bleeding, I will lose my identity as a woman and die.

 

There was a women’s group, Chu pi ren, in Japan in the 1970’s. They were trying to spread birth control pills in Japan because at that time, there was a restriction placed on them by the Japanese government. Japanese women couldn’t buy birth control pills easily. The women in the group wore pink helmets with the female gender symbol stamped on them. They led many intense protest marches. Eventually, Chu pi ren was forced to disband due to orders by the Japanese government. However, because of their intense protests, a lot of media outlets broadcast their movement. This eventually ended up triggering other women’s movements in Japan.

 

Now, in 2016, I want to start my own vesion of Chu pi ren, Chu pi ren 2016. In the 70’s, they wanted to spread birth control pills, but I’d like to stop taking the pill. I want to stop, but I can’t. Until I can figure out how to get off of the pill I still have to keep running. 

 

(日本語訳)

言いたいことがあります。聞いてください。

私は30歳の女性です。私には、6歳年下の彼氏がいますが、特に結婚の予定などはありません。30歳になったことをきっかけに、私の中に、どうしようもない感情がふつふつと湧き上がってきました。周りを見れば、同世代の友人はみんな結婚をし、子供を産みました。ソーシャルメディアは、毎日のようにポストされる私の赤ちゃんかわいいでしょ?自慢であふれています。家族や友人から降り注ぐ、プレッシャーの目は、私を混乱させました。なんだか、子供を産まなければいけないような気がしてきました。

 

ある友人は、私に聞きました。「なんで結婚しないの?」私は答えました。「2年付き合っている彼氏はいるけど、彼はまだ結婚する準備ができていないそうだよ。」そう言うと彼女は私に哀れみの目をむけてきました。(もう30歳なのに、結婚も考えていない人と付き合っているなんてかわいそう)とでも言いたげでした。

 

私は、女性であることが嫌になってきました。それまでは、女性であることが楽しくて仕方なかったのに。私は、若くて綺麗にしていれば、みんなが優しくて、男性からいろんな物をもらえて、それが女性の喜びであると思っていました。それが、30歳になった頃から、子供を持つことが女性の幸せであるような気がしてならないのです。あの子もこの子も私より幸せそうで仕方ない。出産も結婚もしていない私は、女性としての役割を何一つ果たしていないような気がしてならないのです。

 

私には、子宮があります。妊娠していないので、毎月生理がやってきます。当たり前のようにやってくる生理もなんだか悲しい。当たり前のように突っ込むタンポンも、不快で仕方ありません。

 

体も心も、子供を持つ準備はできているのに、妊娠できない。恋人との関係や、私の経済状況が整っていないからです。毎晩、低用量ピルを飲み込むたびに、「私は子供なんて必要ありません」と宣言しなければいけないような気がして、苦痛です。

 

ただただ、子宮を持った女性という入れ物に入って、血を流しながら走り続ける私の人生は、体力を消耗しているだけです。「花の命は短い」とは言いますが、その通り、いつか血を流さなくなった私の花は、ただ色を失って動かなくなるだけです。

 

1970年代、日本には「中ピ連」という女性主義グループがいました。彼らは日本に低用量ピルを普及させようとしていました。当時、政府からの制限は強く、購入が難しかったからです。彼らは、ピンクのヘルメットに女性のシンボルマークをつけて、積極的にデモ活動などをしていきました。結果、政府の圧力に負け、2年ほどで彼らは解散してしまいました。しかし、彼らの精力的で突飛な活動は、多くのメディアに取り上げられ、その後の女性主義運動を活発にするきっかけになりました。

 

2016年、私は、私の私による私のための「中ピ連」を発足したいと思います。当時の彼らは、低用量ピルを広めたかった。現在の私の悩みは、低用量ピルをやめたいのにやめられないことです。これは、私に向けたプラカード。「ピルをやめよう」しかし、「ピルをやめられない」。子供は欲しいけど、今は作るわけにはいかない。そのジレンマに答えが出せないまま、私はまだこうして走り続けなければいけません。